本年次大会は、何時でも何処でも参加できる、オンラインでのカンファレンスです。
一般セッション、企画セッション、全体会、出展社セミナーは、
いずれもライブ配信形式で行います。